<帯のシステム>
カポエイラの熟練度に合わせて、習得のレベルを表すCorda(腰帯)を巻き、色により階級分けしています。
入会時は無級で帯はありません。

毎年3月に開催予定のBatizado(昇段式)にて初級の帯を認定します。
福岡代表師範池村が帯を授与します。日本人として開催している唯一のマスターですので、ぜひ国内取得目指して稽古に励んで下さい。

ポルトガル語で言うBatizadoとは、洗礼と言う意味になります。
カポエイラでは、この世界に初めて入門すると言う意味でこの言葉で呼ばれています。
日本では武道などで馴染みのある昇段式、帯の認定式と訳されることが多いです。

CCJカポエイラ協会帯のシステム
corda
※画像をクリックすると拡大します。

帯はブラジル国旗の色を採用しています。

緑は自然・黄色は鉱物資源・青は宇宙・そして白は平和

台地から空を目指して成長していく。そんな素敵な意味が込められています。

brasil

 

 

 

 

 

 

帯は16段階あります。

8~7級は生徒 Aluno
6~5級は上級生 Aluno Graduado
4~3級は助手、アシスタント Monitor
2~1級は指導員、インストラクター Instrutor
初段~3段は教師、プロフェッサー Proffessor
4段は準師範、準マスター Contra Mestre
5段~7段は師範、マスター Mestre
8段はカポエイラ界において最高師範になります。

※CCJ独自の昇段基準です。日本の武道の段位を例にとり、8級~8段までを表記していますが、分かりやすいように書かせていただきました。
カポエイラ界では級や段で表すのではなく、生徒(アルーノ)、教師(プロフェッソール)、師範(メストレ)等と表記します。

CCJ代表池村はリオデジャネイロ本部より5段のマスターの資格を認定されています。※マスター取得は日本国内で2名のみ

 


CCJカポエイラ福岡支部

クラス情報

レッスンスケジュール

お問い合わせ

指導者紹介

料金体制・規約

Top